NVIDIA GeForce RTX 2080 8GBからNVIDIA RTX A2000 12GBにGPUを乗せ換えた結果ベンチマークテスト

お役立ち
この記事は約4分で読めます。

NVIDIA RTX A2000 12G NVIDIA BOX【中古美品】をメルカリで

¥62,800

(税込) 送料込み

購入した。

NVIDIA RTX A2000 12G NVIDIA BOX グラフィックカードNvidia RTX A2000 12G 中古品、動作品、写真の箱、付属品有。 非常に小型で低消費力な商品です。 ※2022年 製品情報 製品名 NVIDIA RTX A2000 12G NVIDIA BOX 型番 NVRTXA2000-12G NVBOX JANコード 4560152389331 仕様 アーキテクチャ Ampere GPUメモリー 12GB GDDR6 メモリインターフェース 192-bit メモリー帯域幅 最大288 GB/s エラー修正コード(ECC) Yes NVIDIA CUDA コア数 3,328 NVIDIA Tensor コア数 104 NVIDIA RT コア数 26 単精度性能 8.0TELOPS RTコア性能 15.6TELOPS Tensor性能 63.9TELOPS グラフィックバス PCI Express 4.0 x16 最大消費電力 最大70W サーマル対策 Active フォームファクタ 2.7“Hx6.6”L,デュアルスロット ディスプレイコネクタ 4xmDP 1.4a ラッチ機構付き 最大同時ディスプレイ表示 4x4096x2160@120Hz 4x5120x2880@60Hz 1x7680x4320@60Hz エンコード/デコードエンジン 1x | 1x (+AV1 decode) VR ready 対応 グラフィックスAPIs DirectX 12.07 Shader Model5.14 OpenGL4.68 Vulkan 1.2 コンピュートAPIs CUDA, DirectCompute, OpenCL

使ったのは以下のベンチマークテストです。

ExperienceIndexでベンチマークテスト

NVIDIA GeForce RTX 2080 8GB (ExperienceIndex)

2018年に購入

NVIDIA RTX A2000 12GB (ExperienceIndex)

2023年1月中古購入(現行品6GBの新型12GB)

グラフィックスパフォーマンスが落ちた!?

Cinebenchでベンチマークテスト

NVIDIA GeForce RTX 2080 8GB(Cinebench)

NVIDIA RTX A2000 12GB(Cinebench)

こちらも大差がない結果に。

PCMark 10でベンチマークテスト

NVIDIA GeForce RTX 2080 8GB(PCMark 10)

NVIDIA RTX A2000 12GB(PCMark 10)

こちらも大差なしでした。

果たして、買い換えるだけの魅力があるのか?実務でテスト行ってゆきます。

明らかにサイズが小さくて省電力NVIDIA RTX A2000 12GB

写真で見てもわかるコンパクト感とロープロファイルNVIDIA RTX A2000 12GB。

とても省電力になっていますが、性能は5年前のNVIDIA GeForce RTX 2080 8GBと変わらない性能を持ちます。

なぜ?NVIDIA RTX A2000 12GB

筆者は5年に一度、パソコンを買い換える。システムすべてをリニューアルするのだ。

今回考えたのはソフトウエアの不安定さはGPUにあると想定し、NVIDIA RTXとソフトウエアの厳密な調整とバランス、openGL最適化などがの魅力を感じての事だ。

しかしながら、同時期販売のGeForce RTXと比べても見劣りするスペックなのだが、安定して稼働することの方がクリエイティブには適していると判断したためだ。良くフリーズしたりして、クリエイティブ成果物を失うリスクを恐れての事だった。

MACのように安定していれば、信頼感あるWINDOWS PCになるのだが。今回は信頼性の高いパーツを使ってくみ上げる第一弾として、従来PCにGPUカードを乗せ換えてみてのベンチマークテストでした。

しばらく運用してみて、安定感を見てみます。

コメント

人間エアコン水冷服限定セット(シリーズすべての使い勝手が分かるセット)
タイトルとURLをコピーしました