フルカーボンヘルメットメーカーWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)のレビューツーリングF900XR

フルカーボンヘルメットメーカーWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)のレビューツーリングF900XR ツーリング
この記事は約6分で読めます。

鈴鹿SA※レビューコメントは筆者個人の見解、意見が含まれております。

国宝「犬山城」に向けて出発

2月20日天気予報通りの快晴!朝早く出発!8時20分出発

なんだかんだと、荷物をまとめるのに時間がかかってしまう。今回もトップケースのみ装着してSHOEIのNEOTEC2とWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)を交互に使ってみた。

F900XRコックピット iPhone12proMAXナビ

今回は2個のヘルメットを持ち出してその良しあしを、レビューするわけですが、まずは新しく買った、WINSのA-FORCE RS(Lサイズ)をテストする。

WINSのA-FORCE RSの走行性能

柔らかい頬パッド(インナーチークパッド)

早速、下道から走行を始める。最初は新品のため、あたりがついておらず、頬パッドがきつく感じた。しかし、頬パッド(インナーチークパッド)は柔らかい設定のようで、そのうち気にならなくなっていった。

サンバイザーは歪んで見える

他の方のレビュー通り、SHOEIと比べると、価格相応の感じがする。サンバイザーはひずんで見える。慣れてくると我慢できるレベルだが。今回2個のヘルメットをローテーションして使ってみて、改めてSHOEIの歴史ある品質に驚かされる結果となった。

A-FORCE RSサンバイザー

また、サンバイザーを下げ切ったとき、下がり切れていない位置で止まるため、視認できる、1/3ぐらいが視界から見えてしまう。サンバイザー効果2/3ぐらいだ。あと1cmは下がってほしいところだ。

操作性・ギミック

まず、サンバイザーの開閉操作は、慣れているNEOTEC2の配置と異なるため、ちょっと探す、手探りな場面があった。これは慣れの問題かな。

次に、シールドの開閉(これは、システムヘルメットのようにフェイスカバーを開けられないため、シールド開閉を主として頻繁に開け閉めします。)ギミックが固く、スムーズではない感じがします。閉めるときは特に、押し込まなくては完全に閉まらいため、ピュー♪っと風が入ってきます。

WINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス エアベンチレーション 操作性

ヘルメットシールドの取り外し洗浄

鈴鹿SAに到着し、さっそくヘッドライトに誘引されてやってきた、昆虫がシールドにへばりついていました。これを除去するため、シールドを取り外します。取り外しはSHOEIと同じで、指でリリースレバーを引きながら引っ張り上げる感じ。

WINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)シールドの外し方。

ヘルメットシールド洗浄後、ヘルメットに再装着する際、ちょっと悩んだ。ちょうど説明書も持ち歩いていたので、理解できた。装着方法は、2アクションです。まず、黄丸の部分をガイドに合わせながら押し込みます。ここまではSHOEIと同じ。この状態だと、赤丸部分が浮いています。

石川県のフルカーボンヘルメットメーカーWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)シールドの組み立て方

 

説明書にはシールドを矢印の方向へ引っ張れ!と書いています。シールドを引くと、パチンっと入りました。

内部に小さいスプリングが入っており、このスプリングが前後することで、全閉したときシールドを吸い寄せられ、密着させてくれます。SHOEIも同じような構造ですが、このギミックが、ぎこちない。構造設計や材質、精度が悪いものと思います。これがシールドの開閉操作の信頼性を作り出しています。スムーズでないと出先でややストレスを感じざるを得ません。このあたりがチープさを感じるポイントですね。

石川県のフルカーボンヘルメットメーカーWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)

 

 

↓こちらはSHOEIのNEOTEC2のシールドギミックです。シールド角度調整の波が小さくてコンパクトになっていますね。波の大きさが小さいから、てこの原理で有利な構造。シールド開閉の軽さが違います。スムーズさがこれにより生まれているんですね。ギミックサイズもSHOEIがとてもコンパクトに仕上がっています。

このあたりが、長年の培った技術差といえます。

肝心の高速性能

高速道路に入って時速100kmでも安心感は十分にあった。とても軽量であり、首振りも問題がない。しかし、耳障りな風切り音がひどい。(これも事前レビューにあったものと同感)風切り音がSHOEIのNEOTEC2と比べてとても大きく、残念でした。

帽体が軽いせいか?帽体の厚みが薄いせいか?とても大きい風切り音が常に耳を疲れさせてくれます。高速ロングツーリングには不向き!という皆さんのレビューはその通りです。インカムの聞き取り性能に大きく影響を受けることでしょう。(騒音なんて気にしないって人は大丈夫でしょう。)

大型のシールドを装備した車両(BMW K1600GTL、HONDA ゴールドウイング等)なら、そもそもヘルメットにさほど風を受けないため、この点は問題ないかと。

エアベンチレーション

WINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス エアベンチレーション

エアインテークは入口が口元と前頭部2か所、排出が後頭部にあります。

3か所あるので、やや面倒と感じます。SHOEIは後頭部の存在する排出穴は常に開口なので、後頭部の開け閉めは必要なのか?と思ってしまいます。

入口の2か所のみ操作で、後頭部は開けっ放しでもよいかもしれません。冬は全閉です。

実際にすべてOPENにした感じは良好。空気の流れも今日の寒さ(約10℃)だから、よくわかります。真夏だと焼け石に水ぐらいの効果しかありませんが、汗は飛ばしてくれそう。

WINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス エアベンチレーション 吸入側

シールドの透過性

十分すぎる性能です。長期間使っていませんが、クリアです。

フルカーボンヘルメットメーカーWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)

曇り止めがない状態での使用感

クリアシールドはこの時期、吐く息ですぐに曇ります。特に信号待ちの時ですね。走行中はベンチレーション全閉でも、すぐにクリアな視界になります。同社製FOGWIN(曇り止めシート)はあったほうが良いと思います。

しかし、曇り止めシートさらに視界が悪化する可能性があります。SHOEIでもピンロックシートつけると、視界がやや悪くなりました。シートとシールドの間に水が入ったりすると、気分が悪くなっちゃいます。

 

 

A-FORCE RSまとめ

SHOEIのNEOTEC2とWINSのA-FORCE RS(エーフォースアールエス)の比較での判断になりますが、結論は”軽い”部分のみ高評価を得られて、その他の部分はNEOTEC2に見劣りする結果でした。

その後、ガソリンスタンドで給油するシーンもありましたが、手元が見えず、いつもよりも手間取ってしまいました。

高評価点

  1. ヘルメットが軽量で、高速時の首振りにも問題がなく楽々
  2. (軽さゆえの)一日のツーリングにより、首の負担が軽減する。

低評価点

  1. サンバイザーは歪んで見える。視界がやや気持ち悪くなる。
  2. 操作性がやや悪い。ギミックのクオリティの品質
  3. 静粛性に課題。80km/h以上の速度で、風切り音が大きい。疲れる原因に。
  4. 低速走行の使用ならありだが、高速ツーリングには不向き。
風切り音がここまで重要と思っていませんでした。疲れは重さだけでなく、静粛性にもあると思います。エンジン音が爆音の人には別次元ですが。

A-FORCE RSのシステムヘルメットが出たら買うかもしれないが、静粛性が最も重要な改良ポイントです。それは軽さの正義を殺すことになるかもしれませんが、1,500g台でカーボンシステムヘルメットならアリと思います。騒音がカーボンの材質、外形のデザインや構造?どの部分が起因しているのか不明ですが、追及すべきポイントです。

それが改善できれば、売れるメット「コンフォート・カーボンヘルメット」になってゆくんだろうと、今後も注目してゆきます。

少し残念なレビューになってしまいましたが、個人の見解ですので、参考までに皆さんのヘルメット選びの一つになっていただければ幸いです。

 

国宝「犬山城」城下町とともにその魅力に迫る。ツーリングの続きは次の記事で

 

犬山城 F900XR

コメント

タイトルとURLをコピーしました