Vegas Pro17、18で、BCC Title Studio、クレジットロール、VEGASタイトルおよびテキストのフリーズ対策。原因はMicrosoft IME

日常のこと
Vegas Pro17、18で、BCC Title Studio、クレジットロール、VEGASタイトルおよびテキストのフリーズ対策
この記事は約3分で読めます。

Vegas Pro17、Vegas Pro18で、BCC Title Studio、クレジットロール、VEGASタイトルおよびテキストなどでフリーズが起きる問題を解決した。

フリーズが起きていた理由を、WINDOWSのイベントビューアー(ウインドウマーク右クリック)で調べていた。

プログラム vegas180.exe バージョン 18.0.0.373 は、Windows との対話を停止し、終了しました。問題に関する詳細な情報があるかどうかを確認するには、セキュリティとメンテナンス コントロール パネルで、問題の履歴を参照してください。
プロセス ID: 5cd8
開始時刻: 01d6d1fde38076c5
終了時刻: 4294967295
アプリケーション パス: C:\Program Files\VEGAS\VEGAS Pro 18.0\vegas180.exe
レポート ID: 6d351fd5-84bc-4935-b31d-4d5c66c1b85a
障害が発生しているパッケージのフル ネーム:
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID:
停止の種類: Cross-thread

エラー内容は上記の通り。これだけの情報では全く、見当もつかない。

そこで、次の行のエラーを見るとイベント名: AppHangXProcB1 という特定できそうな情報が見つかりました。

AppHangXProcB1を中心に調べていたら、どうやらMicrosoft IMEが悪さしてそう。Microsoft IMEを使用していて、文字変換に問題がある場合は、辞書の修復を行い、現象が改善されるか確認します。

VEGASでは、テキスト入力の際に毎回簡単に落ちていました。それを考えたら、日本語入力らへんが怪しいとは思っていたのですが、皆目見当もつかず、途方に暮れておりました。フォントが多すぎるためか?フォントを削除したり、最悪PCを丸ごと買い替えようと、新しいPCの検討にも入っていたところでした。

結論はMicrosoft IMEが悪かった!

対策したことは2つ、まず、IMEは先のWINDOWSアップデートで仕様が変わっていた。現状のバージョンは20H2.多分この1個前あたりからだと思われる。

エディション Windows 10 Pro
バージョン 20H2
インストール日 ‎2020/‎06/‎05
OS ビルド 19042.685
エクスペリエンス Windows Feature Experience Pack 120.2212.551.0

修復方法

以下は、旧IMEに戻した図です。IMEの部分で右クリックしたら出ます。この図と異なる場合は、新しいIMEと思われます。

この中にプロパティをクリック

詳細設定をクリック

修復ボタンを押します。IME辞書が破損している可能性があります。このせいでVEGASが挙動がおかしくなる模様。

今すぐ修復開始しますか?で、はいを選択。

新しいIMEから、古いIMEへ戻す方法

歯車のマークをクリック

IMEと検索。日本語IMEの設定をクリック

全般をクリック

以前のバージョンのIMEを使うをオンにする。

これでVegas Pro17、Vegas Pro18で、BCC Title Studio、クレジットロール、VEGASタイトルおよびテキストなどでフリーズが起きる問題を解決しました。めでたしめでたし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました