サージカルマスクを水蒸気で通気性テストしてみたら、違いが明らかに!

日常のこと
この記事は約4分で読めます。

サージカルマスクの透過性が気になり、動画を作成しました。

参考までに見てみてください。 なんとなくですが、想像していた結果になりました。

サージカルマスクを水蒸気で通気性テストしてみたら、違いが明らかに!

市販の家庭用サージカルマスクは、花粉やPM2.5を意識したマスクで、細菌用としては透明性に欠ける点があります。 COVID-19は【100nm(ナノメートル)=0.1㎛(マイクロメートル)】なので 快適ガードマスクのうたいでは、0.1㎛の微粒子は99%カット(PFE試験)となっており、フィルターで通さないことを意味しています。

COVID-19は【100nm(ナノメートル)=0.1㎛(マイクロメートル)】なので 快適ガードマスクのうたいでは、0.1㎛の微粒子は99%カット(PFE試験)

適切なマスク着用が重要です

適切なマスク着用が重要です

適切なマスク着用が重要です。しかし鼻の凹凸、不適正なマスクの装着、劣化したマスク、継続して超過した使用のマスクなど により、正しい機能が発揮できないことがわかります。

大勢がいる密室には短時間の居留に留まったほうが、安全です。

常に換気を行うことも、とても重要です。

冬季は乾燥して風邪が流行

あわせて、冬季になりますと湿度が少なく、乾燥してまいりますので、加湿器で調湿し、適切な湿度に合わせてあげることも重要です。 湿度が低いと、細菌は浮遊しやすく、舞い易いやすい傾向にあります。

これはCOVID-19にかかわらず、インフルエンザにも言えることです。 朝起きて、喉が違和感がありイガイガしている人、前日にアルコール飲料を口にした人は要注意です。

また、大勢で大声を上げやすい、居酒屋などもとても感染の危険性が高いです。アルコールは喉を乾燥させ(決して、の同を消毒してくれるなどと思わないように)、のどの粘膜をとってしまいます。より菌が喉に定着し、体内へ侵入しやすくなります。

アルコールは水分を奪うだけでなく、のどの粘膜(菌の防御)をとり、揮発性が高いため、即効性があります。 アルコールでテーブルの定着した汚れが綺麗になると思えば、わかりやすいかと思います。

それでも飲みたい人は、対策を行ったうえで、リスクを認識の上、楽しく飲みましょう。この際、テレビ電話でリモート飲み会も体験してみると良いでしょう。

サージカルマスクは、フィルターの目が菌より大きく、通過させてしまうわけですが、特殊な静電フィルターで、異物を吸い寄せて菌を捕獲します。そのため、菌を体内に吸入しにくいというメカニズムです。ですから、全く効果がないわけではなく、マスクの適切な着用は重要です。

顔に接する部分がヒダ状になって立体的に広がるプリーツマスク(サージカルマスク)

一部のサージカルマスク(特に輸入製品など)は適当な試験や根拠のない実験データなどで効果が期待できないものが多く存在しますので、なるべく大手国産ブランドの輸入製品または、国産製品を入手しましょう。そして、取り扱い説明をよく読んで、正しい着用を行いましょう。

マスクはつけているけど、鼻が露出している人、効果はありませんし、不衛生です。 マスクは会話すると口からの胆液や水蒸気で濡れて劣化し、濡れた部分に細菌がついています。

マスクはつけているけど、鼻が露出している人、効果はありませんし、不衛生です。 マスクは会話すると口からの胆液や水蒸気で濡れて劣化し、濡れた部分に細菌がついています。ですから、最低でも1日一回は捨てて、交換する必要があります。状況により、数時間で交換したほうが良い場合もあります。 一般的な生活からすると、マスクの常備数量は最低一人、30枚はストックが必要と思います。 いまだ、国産ブランドマスクは入手困難ですが、輸入マスクの方、ご注意ください。

最後に試験結果からの印象ですが、KN95(中国規格)、N95マスク(NIOSH規格)はより細かく、フィルター層も多くなっていますので、透過性実験の結果からもフィルター効果が高いことが伺えます。ただし、その反面呼吸がしにくく、つらくなることも忘れてはいけません。適度にマスクを外して、休憩することも重要です。 何度も言いますが、不適切な着用方法は、”マスクをしている”うちに入りませんので、適切に着用されるようにしてください。

濃いひげや、鼻、頬の隙間から曝露し、細菌が浸入する恐れがあります。 水中だと思えば、水中ゴーグルから水圧で水が入らないように気を付けるだろうことと一緒で、曝露に気を配ってください。 換気は重要です!換気!換気!換気! 空気の流れを作ってください。 空気清浄機も良いですが、部屋内の空気を交換することがとても重要です。

KN95、N95は1枚150~400円ぐらいします。状況によっては高騰します。よりリスクの高い現場へ行くときに使用しましょう。

菌は目の粘膜からも侵入します。手で触れた後に目をこすったりして、侵入します。特に乾燥していて目が乾いていると感じたら、目薬などで潤わしてあげましょう。

パンデミックの今日、多忙な仕事は一時、ゆとりをもたせ、自分メンテナンス時間を多くとりましょう。

高齢者の新型コロナウイルス感染により重症化が多発している乾燥期です。無意識にうつしてしまわぬよう、細心の注意をしましょう。

日頃の、運動による体力向上や免疫力をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました