沖縄の離島ツアー渡嘉敷島で海遊び

旅行
この記事は約13分で読めます。

出発ギリギリの朝までお土産のモノづくり作業 4月22日

旅立つ前に、朝4時までお土産つくりに時間かかっていまして、寝れませんでした。

フライト6時半のギリギリアレンジ

朝6時30分ののフライトだったので、関空シャトルバスに乗るため、バイクで24時間使える駐輪場へ。

駐輪場 沖縄の離島ツアー渡嘉敷島で海遊び 2022.4.22 INSTA360ONEX2撮影

この飛行機に乗るためには、始発の5:05分梅田発のバスに乗るしかない。万が一乗れなかった場合は、バイクで関空まで行くことになる。朝の気温は16℃寒かった。駐輪場からダッシュした。乗り場まで徒歩10分ぐらいはかかるかな?というか梅田の地下道は迷いやすい。

乗り場は結構並ぶ。乗車率90%ぐらい。関空ターミナル2が優先的に到着した。

久しぶりの日本語が通じる海外旅行、沖縄へ飛んだ。

LCCのピーチに乗ったが、手荷物合計の7kgに引っ掛かり、手荷物のデスクへ行くが、ピーチのコンピュータが調子が悪いらしく、ややもたついた印象だった。この重量制限、ピーチの収益向上につながっていると思われる。ちなみに沖縄からの帰りのジェットスターでは追加料金が取られなかった。

あっという間に、ランディング!沖縄は曇りだった。2年ぶりの沖縄。ワクワクしてきます。

ポーたまを朝ごはんにいただく。

ちょっと小腹が空いたときにちょうどいいごはんです。スパムとごはん、揚げ卵の最高のハーモニーがたまらない。

タクシー数台でホテルチェックイン

ダイワロイネットホテル 沖縄県庁前(本館)

気温は25℃ぐらいだけど湿度が高い。やや暑く感じた。ホテル内で着替えるが、着替えるスペースはあまり広くはない。ロビーに荷物を預け、まずは腹ごしらえ

実際の泊まる場所は別館でした。

腹ごしらえのランチ

沖縄料理から、普通の和食までいろんなメニューがあります。地元の料理屋さん。24時間やってるというすごいお店。

三重城港へ向かう

再び、タクシー移動で目的地の港を目指すが、なぜか途中のホテルで降ろされることになり、少し歩かされた。目的地は漁港ですね。海上保安庁も共用のようだ。

離島へ向けて出港

水上バイク、スライダー、ブランコ、シュノーケリング、その他さまざまな遊びが満載のちょっと大型のクルーザーだ。トイレは様式が2個と男性用が1個あります。着替え室もある大きさです。

行き先ははっきりしないが、このあたりか。離島が多くあるので上陸は出来ない。なので船からのアプローチになるが、海水が冷たい。この時の気温は23℃ぐらい。なのでウエットスーツは事前にレンタルしておいた方が良いと思う。でも慣れれば普通に水着でOKでした。

まずはシュノーケリングして、浅瀬までいって楽しんだが、ちょっと海底が深い。そしてやや曇りだったため、あまり水中が映えなかった。

その後、パラセーリング+7200円のコースがあったので、やるため、パラセーリングボートに乗り込んだが、あまりの揺れによってしまい。はいてしまった。急遽母船に戻り、休養を取った。

初日は寝ていなかったこともあり、ホテルについたら、即就寝で体力回復に努めた。

晩御飯は沖縄の居酒屋「島酒場琉炭」

終始、おいしかったお勧めのお店です。

島酒場琉炭

〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1丁目2−1-1B Y’sビル

マジでおいしい、お勧めのお店です。3500円で飲み放題だし、とにかく出てきたコースが全部おいしかった。お酒は一切飲まなかったが、呑み助にはたまらないお店だと思う。

ホテルの朝食バイキング2022.4.23

さくっと朝ごはん

泊ふ頭旅客ターミナル

〒900-0016 沖縄県那覇市 前島3-25-1

とまりん

翌朝、早朝に泊港から渡嘉敷島出発へ出発。乗船時間は1時間と10分だ。

あっという間に渡嘉敷島に到着

船の速度もめっぽう早いです。天候は曇り。海はきれいです。

ホテルからの送迎

さすが三ツ星ホテル!手早く送迎してくれて、道中で島のガイドもありました。ハイビスカスのウエルカムドリンクも素敵でした。おしゃれでちょっとしたリゾート気分です。車で15分ぐらいか。

ゴールデンウイーク価格を見たら、驚きのプライスだった!繁忙期は外した方が賢明。

〒901-3502 沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連103

ケラマテラス

渡嘉敷島散策

とりあえず、近くを歩いてみる。そしてお昼ご飯。

お昼ご飯は猫局長の新垣商店へ

次のレジャーまであまり時間がなかったことで売店でおにぎりを買いました。

三ツ星ホテルの室内雰囲気

民宿が立ち並ぶなか、予想以上に素敵なホテルです。1回にはシャワー施設があり、ダイビング後にそのままお部屋に上がってこれます。そしてゆっくりくつろげる雰囲気です。

ホテルの施設雰囲気

ジャグジー風呂やリラックスチェアに座れば、自然の音しか聞こえてこない。解放感に満ち溢れた大自然を満喫できる。季節も良く、暑くもなく寒くもない。海遊び後にジャグジーに入ってくつろげます。

チェアに座っていたら、フロントからお茶の差し入れが!こんな心地よい空間はない。

そして、近隣を散策

ちょうど海開きだったので、海岸で何やらイベントをやっておりました。それにしてもきれいな海です。

渡嘉敷島ダイビング

近くの漁港から、5分ほどのダイビングスポットへ

ホテルからドナドナされて、船に乗ります。

船からの体験ダイビングは初めて。最初は水温に驚きますが、すぐに慣れますね。

漁港からすぐのポイントに、無人島があります。その付近、水深は5mほどです。

ダイビングガイドは、海の地形を知り尽くしています。

体験ダイビング3名に対してダイビングガイドは一人でしたが、全部できていました。

天候が曇りだったのが少々残念ではありましたが、日焼けはしませんでした。

20㎏ぐらいあるダイビングセットのまま海エントリーは大変!なので、水中で装備しています。

プールみたいな色をしていますね。とてもきれいな海です。白い砂が光の反射でこんな色を出しているそうです。