WINDOWS11でSkypeが起動してもすぐに落ちる原因と対策

WINDOWS11でSkypeが起動してもすぐに落ちる原因と対策 お役立ち
この記事は約2分で読めます。

Microsoftアプリ-Skypeの見分け方

Skypeには2つ種類あると前回書いたが、Skype for Desktopというフォルダ(C:\Program Files (x86)\Microsoft\Skype for Desktop)にあるのが安定板のSkypeだ。基本的にこちらでログインしているとWindows11では安定している。

Skype for Desktop

設定>ヘルプとフィードバックをクリック

Skypeのバージョン画面でチェックするとこのような感じ。本当によく似ている。

Skype for Desktop

フォルダの中のSkypeを右クリック、スタートメニューにピン留めする をしておこう!

Skype for Desktop

Skype for Desktop

2つのSkypeの違い

左が安定板のSkype for Desktop

右が挙動がおかしいSkype

若干左ナビの色が違うように見える。

右のSkypeにはアプリケーションのバージョンが表示されていることがわかる。

Skype for DesktopとSkypeの違い

使い勝手の良いスカイプを自動起動に設定する。

設定>全般で

  • Skypeを自動的に開始
  • Skypeをバックグラウンドで起動する
  • 終了時に、Skypeを実行したままにする

をONにする。

右のSkypeではすべてOFFとしました。

ひとまずはこれでWINDOWS11のSkypeの勝手にシャットダウンする問題を回避できる。

右のSkypeではSkypeを自動的に開始の部分が設定となっており、ここでも判別ができる。

設定をクリックすると、ご丁寧にもスタートアップが起動しますが、この連動の部分が臭いです。

新旧Skypeの発想の違いが生んだ葛藤なのかも。

なぜこのような問題が起きるのか?

もともとWINDOWS8ごろに、あたらしいSkypeが生まれ、同立したためというのと、WINDOWS11でより、アプリ化したという問題がある。

もともと”アプリ”という発想はappleが行っていたわけで、WINDOWSでは、ソフトウェア(パソコンで使用するもの)と表現していた。

時代はモバイル化(スマートフォンなど)しWINDOWSが、進化によってマルチプラットフォーム化(パソコンやスマートフォンなど)してきた経緯を考えると原因の納得がいく。

WindowsがappleOSに影響を受けてきた結果といえる。

コメント

人間エアコン水冷服限定セット(シリーズすべての使い勝手が分かるセット)
タイトルとURLをコピーしました