明智光秀最後の居城「勝龍寺城」に行ってみた。F900XRでヘルメットエアコンG2maskを使って世界初のツーリング

勝龍寺城(しょうりゅうじじょう) 日常のこと
この記事は約4分で読めます。

勝龍寺城(しょうりゅうじじょう)は、現在の京都府長岡京市勝竜寺に所在した、南北朝時代から江戸時代初期に存在していた日本の城である。城名は付近の同名古刹(勝龍寺)に由来する。安土城に先行する「瓦・石垣・天主」を備えた近世城郭の原点として評価される

ウィキペディア(Wikipedia)

ハイオクガソリンを給油@157円

ガソリンがこのところ、どんどん値上がりしていますね。

ガソリン単価値上がり

合計8.04リットル、走行127.9kmなので、

燃費は15.9km/リットル(@157円)です。なんだかコンピュータの数値15.6kmが正解ですね。このところROADモードで市街地走行しているのですが、やはり高速ツーリングなどと異なり、コンスタントに走れないためか、燃費はあまりよくありませんね。

F900XRトリップコンピュータ

F900XRトリップコンピュータ

タイヤの空気圧チェック

タイヤの空気圧チェック。エアは減っていませんでした。

勝竜寺城までの道中

ヘルメットエアコンG2maskCS371iを使用して初のツーリングテストです。気温は車載温度計表示で22℃。太陽が出ているときはポカポカ温かい陽気。風はやや冷たく感じます。

この状況でも汗かきライダーさんは、結構な汗でヘルメット内が蒸れているそうです。

淀川河川敷
ヘルメットエアコンG2mask使用走行

強力に冷えています。驚きの冷感を体験中!

ヘルメットはSHOEI NEOTEC2 サイズXLです。ヘルメットエアコン装着、非装着兼用できています。ヘルメットエアコンG2/G2mask装着時はややきつく感じます。しかし、対応できないキツさではありません。場合によってはワンサイズ大きなヘルメットインナーを用意してください。

橋から眺める淀川上流

川を渡って、京都へ向かう。このあたりの川は淀川の上流なので、きれいです。

小畑川

小畑川です。勝竜寺外堀の位置づけですね。

勝龍寺城本丸

勝竜寺城本丸はすぐ近くまで行けます。お城としては規模が小さく、コンパクトです。いつも大型の城を見ているせいか、砦に見えます。平城のため上に見上げる感はあまりありません。景観はとてもよろしいです。

勝龍寺城本丸
勝竜寺城本丸F900XR

きれいに、公園として整備されています。

南門前は人がにぎわっていました。堀の中の鯉に餌をあげていました。のどかな風景です。

駐車場も車10台、バイク専用2台分ぐらい用意されています。

沼田丸の井戸跡

沼田丸の井戸跡の横に現代版の井戸水場が用意されています。

沼田丸の井戸跡

南門前勝竜寺城

橋を渡ると、南門前まで行くことができますが、新型コロナ対策のため、休館となっておりました。

堀の中には鯉がたくさんいます。鯉に餌を与えているようでした。

堀の中には鯉がたくさんいます。鯉に餌を与えているようでした。

勝竜寺城南門前

360度カメラ撮影

公園閉鎖のお知らせ

公園閉鎖のお知らせ

かなりロボット感が強いF900XRにロボット感が強いNEOTEC2とヘルメットエアコン。マスクが定着した環境なので、あまり熱い視線は感じません(笑)

F900XRにロボット感が強いNEOTEC2とヘルメットエアコン

圧巻の勝竜寺の鉄砲穴。狙い撃ちされる!

F900XR

なかなかバイクの置き場が定まらないが、このあたりが良いかな。

F900XR勝竜寺城前

木の椅子の配置が、もしかしたら桔梗の紋になっているかな?

勝竜寺城前から撮影

ヘルメットエアコンのレビューを勝竜寺城前から中継

CS371iを使って家からヘルメットエアコンを使ってきましたが、22℃ぐらいの環境だと、氷の消費が遅いです。2リットルで往復して、家に帰ってもまだ氷が残っておりました。

CS371i人間エアコン

タンク内を確認したが、氷が大きく残っています。

勝竜寺城前鳩

ほのぼのとして光景ですね~。鳩も撮影の様子をうかがっております。あ、餌が欲しいのかな?

型おしゃぶり栓

新型おしゃぶり栓です。これがとても便利になりました。

CS371i

お濠があるので、涼しげです。

ヘルメットエアコンを非装着の時

ヘルメットエアコンを非装着の時は、このように着用できます。パーカースタイルです。

ヘルメットエアコンを非装着の時

ツーリングで目的地に到着して休憩しているの図。

ヘルメットエアコンレビュー
F900XR勝竜寺城本丸

短距離ツーリングしたが、ヘルメットエアコンG2/G2maskの強力なパフォーマンスを知る良いライドでした。

楽しいバイクライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました