Vegas Pro17の動画レンダリング設定をNVIDIA・NVENCで書きだし

日常のこと
この記事は約2分で読めます。

GPU使用ON設定でNVIDIAレンダリングを行うと、必ずフリーズしました。これはVegas Pro17がうまくGPUを活用できていない事です。残念ながらGPUを使わずに16コアのプロセッサ(AMD Ryzen Threadripper 2950X 16-Core Processor、3500 Mhz、16 個のコア、32 個のロジカル プロセッサ)の性能に頑張ってもらう。

GPUによるビデオ処理の高速化をオフにする。

レンダリング中のCPU使用率は平均80%ぐらい。時々100%に達する。これはなんだか気持ち良い。しかしこのCPU、レンダリング時しか恩恵が少ない。

期待する編集時には、単コア性能で負けてしまう感が強い。エラーも多い気がする。レンダリングは基本放置なので、遅くてもさほど気にならないのが動画編集の基準だ。

4K60fps書き出して7分のシンプルなカット編集の動画17分かかりました。

やはり4K解像度で60フレームとなると、処理も重く、ファイルサイズも2GB以上に!

MAGIXの AVC/AAC MP4で書きだし。NVIDIA NVENCで書き出した。

OS 名 Microsoft Windows 10 Pro
バージョン 10.0.19041 ビルド 19041

システム製造元 Gigabyte Technology Co., Ltd.
システムモデル X399 AORUS XTREME
システムの種類 x64-ベース PC
システム SKU Default string
プロセッサ AMD Ryzen Threadripper 2950X 16-Core Processor、3500 Mhz、16 個のコア、32 個のロジカル プロセッサ
BIOS バージョン/日付 American Megatrends Inc. F5, 2019/12/11
SMBIOS バージョン 3.1
埋め込みコントローラーのバージョン 255.255
BIOS モード UEFI
ベースボード製造元 Gigabyte Technology Co., Ltd.
ベースボード製品 X399 AORUS XTREME-CF

コメント

タイトルとURLをコピーしました