ツーリング用特注広口ボトル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ツーリング用特注広口ボトル

水冷服でロングツーリング(連泊)

水冷服でロングツーリング(連泊)に出かけた時、必要なのが氷のチャージですよね?筆者の経験では、都心部でない限り、冷凍施設の製氷手段を好意的にお借りできました。ゲストハウスなどでしたら、家庭用冷蔵庫が自由に使えたりしますが、都会のビジネスホテルなどでは、断わられるケースがありました。

写真は2016年、大阪から九州を連泊したツーリングの状況です。このツーリングの詳細はこちらにもあります。

900mlの広口ボトルを改造した。

市販の容器を改造して製作した特注の広口ボトルです。これにコンビニ氷を追加すれば、即席で氷水が作れます。ただし、凍らせたボトルよりは氷の消耗が早いです。実質500ml程度ぐらいしか、冷気をチャージできませんので、氷交換サイクルが短くなります。

ボトル口内径は約50mm、だいたいのロックアイスは投入可能だが、投入する体積は少なくなる。

2つのチューブ接手を取り付けたシンプルな広口ボトルです。

2つのチューブ接手を取り付けた。

2つのチューブ接手を取り付けたシンプルな広口ボトルです。特注品のため量産したり保証はしないが、ご自身で作ることも可能だ。

もともと、飲料向けなので、クイック注ぎ口がついている

もともと、飲料向けなので、クイック注ぎ口がついている

CS319iにすっぽりと収まった。見た目は従来のペットボトル使用時と何ら変わらない。

変わらない見た目

CS319iにすっぽりと収まった。見た目は従来のペットボトル使用時と何ら変わらない。

使用方法は、チューブ2本を図のように接続し、臨機応変にボトルを広口用に交換できる。ただし、クイックチェンジャーは非対応です。

臨機応変に使用可能

使用方法は、チューブ2本を図のように接続し、臨機応変にボトルを広口用に交換できる。ただし、クイックチェンジャーは非対応です。

これで、ツーリングも一安心?

これで、ツーリングも一安心?不安な旅先での氷チャージを、行うことが可能です。もっと大きなボトルを希望する場合は、パッセンジャーシートなどに10L広口タンクなどいかがでしょうか?

シートバッグで大容量広口タンク

シートバックベルトなどを利用すれば、パッセンジャーシートに置くことができ、長時間使用できますし、大型のシートバッグなら、タンクを収容することも可能と思います。

必要となる延長チューブなどはこちらからでも購入は可能です。

シートバッグで大容量広口タンク
使用イメージ
シートバッグで大容量広口タンク
広口がすっぽり収納できた。

広口がすっぽり収納できた。

広口がすっぽり収納できた。
広口がすっぽり収納できた。

その他ボトルもできました。

写真右はCS311向け500ml広口ボトル

写真右はCS311向け500ml広口ボトル

こちらも運用可能でした。

CS311向け500ml広口ボトル
CS311向け500ml広口ボトル
写真右はCS311向け500ml広口ボトル
人間エアコン
K1200S BMW
人間エアコン

写真着用の製品はこちら

人間エアコン
人間エアコン
ツーリング サンフラワー
ナビホルダー アルミ製

コンビニで氷を購入

長崎のコンビニで、たまらず、氷を購入した。ものすごく暑くて、耐え切れなかったためだ。

コンビニで氷をチャージ!水冷服
コンビニで氷をチャージ!水冷服

使い終わったボトルは早めに凍らせよう

ボトル氷の製氷は、時間がかかるので、ツーリングが終わる夕食前には、ソッコーで冷凍を行おう!まずやる事。朝は早い出発だと思うので、早めの行動が肝心。

コンビニで氷をチャージ!水冷服
コンビニで氷をチャージ!水冷服
コンビニで氷をチャージ!水冷服
人間エアコンCS303
水冷服 ヘルメットエアコン

特注ボトル製品は、おつくりできます。ご用命はクールスマイルストアーまで、この記事を見た!とご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする