もはや、パンデミック!なかなか明確化されない新型コロナウイルスの情報について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MERSコロナウイルスは、中東呼吸器症候群 の病原体かつSARSコロナウイルスと似ているコロナウイルス。通称 MERSウイルス。イギリス・ロンドンにて2012年に初めて確認された。 2015年6月16日時点において1293人感染・458人死亡。感染地域は2015年5月に韓国・中国に拡大している。

ウィキペディア
「コロナウイルス科」の画像検索結果
コロナウイルス
中国政府の闇!新型コロナウイルスの怖さ!武漢はまさに戦場!『拡散希望』
中国政府の闇!新型コロナウイルスの怖さ!武漢はまさに戦場!『拡散希望』

中国政府の闇 報道規制の中、情報開示に決死の覚悟で挑む

一歩間違えたら、当局に逮捕されかねない、そんな危険の中、必死に世界に現状を訴える人物がいた。筆者は想定していたが、中国政府はやはり、ずさんな初期対応をしていた。そのため、全世界に菌を巻き散らす結果となった。

中国と香港の暴動が末期を迎える中発生した、新型肺炎

陰謀説もあります。中国政府が開発中であったバイオ兵器が漏れて広がった説。世界が新型肺炎に注目する中、香港の鎮圧を図る。最後にはワクチンを投与し、その成果を世界から得る。というシナリオ。

【新型コロナ速報】人為的に操作された痕跡?医師が指摘する「武漢肺炎/COVID-19の疑惑」 – Dr.林が語る"自然界には存在しないタンパク質"とは? (TVが報じない新型コロナの真実①)
2020.2.17追記

武漢地方政府、中国政府の遅すぎる対応、武漢市民の怒り

2019年12月中旬には、新型肺炎コロナウイルスの危険性を認知していたと言います。衝動が遅れた理由はなんとなくわかりますが、お国柄でしょうね。そのせいで、封じ込めに失敗しました。中国の終節は30億人の大移動です。どうなるかは想像ができたはずです。基本的に自分主義なお国柄ですので、初期対応に失敗したと考えられます。

世界経済への影響

中国の春節明けは2月11日頃から始まる。とされていますが、地域や会社によって、それぞれ異なり、会社の業務再開は現時点(1/31現在)未確定とのことです。世界の工場「中国」大部分が機能しない事により、世界経済への影響が懸念されます。武漢の閉鎖解除まで、半年はかかるだろうと筆者は予測します。

驚異的な速度での患者数更新

すでに4次感染までに広がり、武漢を含む感染者数は発表より10倍多い10万人とされています。世界中に広まるパンデミックを想像できます。

コロナウイルスへの対策、予防

現時点で、ワクチンや予防接種といった対策は一切ありません。自分自身の免疫力を強化し、無理な体力を使わず、たくさん人のいる場所などへ行かない事です。基本的な風邪予防を徹底し、手洗いうがい、マスクの着用が必須です。お酒ものどを乾燥させる、アルコールにより一時的な免疫力低下を引き起こしますので、当面控えましょう。家飲みなどで無菌者と接しているときぐらいは良いかと思いますが、飲みすぎには注意しましょう。