【0x8007042c】Windows ファイアウォールを有効にできない。

またまたWINDOWS10 アップデートの不具合で時間をとられる。

WINDOWSアップデートで、ディフェンダーが不具合を起こし、通信環境が完全にシャットアウトしました。

更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます。この問題が引き続き発生し、Web 検索やサポートへの問い合わせを通じて情報を集める必要がある場合は、次のエラー コードが役立つ可能性があります: (0x8007042c)

のエラーが出ました。同時に通信が影響を受けて、ネットワークが遮断!
おいおい。

更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます。この問題が引き続き発生し、Web 検索やサポートへの問い合わせを通じて情報を集める必要がある場合は、次のエラー コードが役立つ可能性があります: (0x8007042c)

通信ができなくなった環境で、サーフェイスを持ち出してググりながら解決の糸口を見つける。

でもなかなか解決しない。
そのため、備忘録します。同じように悩んでいる方がいましたら、参考にして復旧させて下さい。

【0x8007042c】Windows ファイアウォールを有効にできない。というエラー

エラーの内容は、Windowsアップデート中に起こる不具合で、ディフェンダーが起因しています。

私が解決した方法は、以下のツールを使うことだった。

サービス
・イベントビューアー

の2つ

WINDOWS10のバージョン情報

バージョン1903

サービスのなかのWindows Defender Firewallを有効にする。

なぜか、無効になっているサービスがいくつかある。なにを 有効にしたかは、一部忘れてしまったが、システムのイベントログなども無効になっていた。これを有効化しないと、次のイベントビューワーでエラー情報が見れないので、有効(自動)にしておこう!

サービスの状態が実行中であればOK。ここでいったん再起動させる。

イベントビューアーを開いてエラーの詳細を確認してみる。

エラー項目をひとつづつ確認してゆく。そのなかにNetwork Store Interface Serviceのエラーが確認できたので、これを、サービスで自動に変更したところ解決に至った。

無事に復旧した画面

Windowsはアップデートでたびたび不具合が起きる。

安定してほしいOSですねぇ。Windowsサポートもアップデートに関してのみ、無料でサポートしてくれる。0120-542-244 マイクロソフトサポート

アップデート再開

無事に更新プログラムが再開された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする